羽後町にある世界規模のコンデンサメーカーがすごい! 秋田指月株式会社

秋田県南部に位置する羽後町。周囲は山に囲まれ、古くは小野寺氏の城下町として発展した場所です。夏には3日間にわたり、野性的で流れるような西馬音内(にしもない)盆踊りが開催されます。今回はそんな羽後町にあるコンデンサメーカー、秋田指月におじゃましました。

世界中で活躍する秋田指月のコンデンサ

秋田指月は家電、自動車、産業機器など電気が流れるあらゆるものに組み込まれている「コンデンサ」の開発から製造までを行う電子部品メーカーです。コンデンサとは電気を蓄える、放出する、直流電源を遮り交流電源を通すといった基本機能を持つ電子部品です。

秋田指月は、1968年にテレビやラジオ用の「電子用ポリエステルフィルムコンデンサ」専門工場として設立され、家電、医療、自動車が発展するとともに、それぞれの用途に向けた専用コンデンサの開発・製造を続けてきました。

取締役技術部長 武田政弘さん(左)と工場長兼製造部長 松倉俊一さん(右)

現在同社で開発・製造しているコンデンサは「自動車関連」、「一般家電」、「小型産業機器」、「インバーター家電」、「電子・電源機器」に分かれています。

同社の売り上げ3割を占める「自動車関連用コンデンサ」は、世界各国で注目を集める電気自動車(EV)をはじめ、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)にも搭載されています。

グループの生産拠点は本社のある兵庫県の他、福岡県、岡山県、アメリカ(ネブラスカ洲)、タイ(バンコク)と世界規模。主に電気自動車の駆動部分であるメインモーターや電装品周辺に搭載されており、重要な役割を担っています。

2017年に76万台だったEVの販売台数は、2035年には1,125万台になるとの予測もあります。今後も「自動車関連」の需要は伸びる見込み。需要が増えることで、より生産に人手が必要となりますが、「採用に力を入れていくのはもちろん、これからはさらに自動化を進め、生産性を向上させていきたい」と松倉工場長。

少子高齢化が進む秋田で350名以上の従業員を抱えていますが、将来起こりうる人手不足問題にも対策を講じていました。

「売上の伸びた部分を自動化でカバーし、人が少ない中でも生産を維持できるように体制を整えていきたい」と武田さん
1階は部署ごとに壁を設けずワンフロアで構成され、常に情報共有しやすい環境で効率化を図っています

独自の子育て支援

女性が働きやすい会社です」入社6年目、生産管理を担当する小島さんはそう語ります。

実は小島さんの両親も同社工場で働いており、お母さんの姿を見て、女性でも働きやすい職場だと思っていたそうです。また、入社の決め手となったのは「支援の手厚さ」にありました。

生産管理 小島有輝子さん(羽後町出身)

同社は資格取得補助および報奨金といった福利厚生面のほか、子育て支援も充実しています。

羽後町のにぎわい、活気創出に貢献したいという同社の思いからスタートした独自の子育て支援。第1子が産まれると10万円、第2子が産まれると20万円・・・というように、子供が産まれるたびに10万円ずつ加算される仕組みの「出産お祝い金制度」で子育てをサポートしています。この制度に引かれて、入社する女性も多いとのこと。

「秋田指月は一生働ける会社だと感じています」小島さん

小島さんが担当する生産管理は、作業員の割り当てや工程などを管理する重要な役割を担っています。「現場のこと、作業員のことも知らなければいけないのでプレッシャーがかかる仕事です」と小島さん。入社当初は戸惑うことも多かったようですが、まわりの先輩社員が丁寧に教えてくれたため、自分のペースで仕事を覚えることができたそうです。

自動化が進む工場では力仕事がほとんどありません。男女間のハンディキャップを感じることなく働ける現場となっています。

若手社員インタビュー

技術部 技術2課 設計グループ 永澤雅さん

2016年に入社した永澤さんは、技術部でコンデンサの設計を担当しています。主に車のモーターに安定した電力を供給するためのコンデンサを設計しています。

入社前は秋田県立大学で液晶材料について学んでおり、「将来は学んだことを秋田に還元できるような仕事がしたい」という思いがあったため、県内就職を決意します。自分の能力や知識を生かせると思い、選んだ場所が秋田指月でした。

「東京でも就職活動をしましたが、考えがまとまらず、熱が入らず、モチベーションも低下したんです。でも秋田ではそれがありませんでした」永澤さん

しかし、同社ではこれまでの知識を生かすことよりも、学ぶことのほうが多かったと言います。

小島さん同様、周囲の先輩社員の助けがあり成長することができ、研修期間には様々な現場に立たせてもらいましたが、作業工程を学べた経験が、現在の技術部で生きているとのこと。

コンデンサを設計するチームはおよそ20人。将来は「『自分が設計した商品の量産化』を目標に掲げています」と語っていただきました。

募集する人材

現在同社が募集している職種は以下の通り。

  • <大卒>技術職、生産技術職、IT職
  • <高卒>マシンオペレーター及び技術職

明るく元気に対応が出来てキビキビと行動する人、どんな事でも自ら進んでチャレンジ出来る人、最後までやり遂げる(やり切る)ことが出来る人を求めています。専門知識があるに越したことはありませんが、学歴は不問。教える社員も共に育つ「共育」によって、個人の能力を伸ばします。

364名いる従業員のうち117名は女性で、そのほとんどは羽後町周辺の方。新人から階層別までの各種研修も用意され(支援あり)、子育て支援が充実しており、女性でも働きやすい会社です。

また、同社は製造現場などを体験できるインターンシップを随時募集しています。1日~5日まで指定することができ、KocchAke!では1日の受入れスケジュール例が掲載されています。

◆秋田指月の公式ホームページ

◆ 秋田県就活情報サイト KocchAke!

取材・文:じゃんご https://dochaku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です